ひやっとしたこと。。。

バッポンさんとルカとわたしが散歩に行こうとしたらノンが後ろから自転車で追いかけて来るのが見えた。彼女は自転車があまりうまくないので道路で乗るのは心配で最近ようやく許したところだ。
 その時わたしが立っていた場所はちょっとした坂の上だったのでノンが走って来る道路に接する路地が見えた。そこを自転車がやって来る。このまま行くとノンの自転車が交差点に行くのとその自転車が行くのが同じくらい。ノンに大声で「気をつけて!」と叫んだけど間に合わない。
おまけのその女の人が止まらないで路地から飛び出して曲がったからまさに正面衝突。ノンは自転車ごと転んでしまった。幸い足をほんのちょっと擦りむいたくらいだったけれど。あの時もしぶつかって来たのが自転車でなかったらと思うとぞっとする。ぶつかった人も必死に謝っておられた。あちらもびっくりされたことだろう。ノンは泣いてもいなかったし、たぶん「だいじょうぶ?」って訊かれていたのだろう。「ウンウン」という感じでうなずいていた。私もバッポンさんもすぐ駆け寄りたかったけれど、そうすると相手の方がますます気を遣われそうでちょっと躊躇してしまった。遠目で相手の方になんの被害もなさそうだし、ノンもだいじょうぶそうなのでそのまま様子を見ていた。その方が走って行った後ノンのそばに行くとショックだったらしく一瞬しょんぼりしていたけれどすぐに元気になって私たちに付いて来た。
 でも自分が普通に走っていても事故に遭うことはあるのだということ、角ではかならず一時停止をしないといけないこと、そして転んだところに車が走ってくればそれも事故に繋がるし、ノンも身を持ってよい勉強をしたと思う。ちょっと痛い勉強だったけれど。

今回は丁度この場面を目撃したわけだけど、私の知らないところでこういう危険はいっぱい起こっているのだろうな。特にノンのような無鉄砲な子供は。怖いなあ。でも家の中に閉じ込めておくわけにも行かないし無事でいる事を祈るばかりだ。ああ心配。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-03-22 08:04 | 子育て
<< 切り紙細工の思い出 すてきなあなたに >>