昨日の夕方ルカとノンで散歩に出かけた。ノンの学校の桜が見事だということで行ってみた。
本当に満開。まさに見ごろだった。今までで初めてと言って過言ではない。いつもの年より花つきもいいしなぜか白っぽく思えた。その花の下をゆっくり歩いた。ノンの話によると40数本あるそうだが、桜って思いのほか枝が下からある。花に触れるようにして花のトンネルを歩く気分だった。こんな経験ってちょうどその時歩かないとできないのだなあ。今日は寒く、雨風だからあの美しい桜も散ってしまうかもしれない。残念だ。
 
 ノンと散歩に行ってよかった。こんな時をもてて。何年後に桜を見てこの日を思い出すかもしれない。とても美しい時間だった。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-04-22 10:43 | 散歩
<< 木登り ついにやって来た >>