木登り

ノンがすごくうれしそうに帰って来た。
「木登りしていいって!」第一声

ノンはとても木登りが大好き。でも木登りしていると「木登りはだめだ」って友達に注意されることが度々あったらしい。それでもとにかく木登りがしたくてたまらないらしい。(こいつは猿の生まれ変わりか)それで昨日の家庭訪問の時に先生に学校側のご意見をお聞きしてみた。担任の先生としてはいいと思うのだけれど確かめてみますとのお返事だった。そして今日朝の会で先生から学校としてもOKサインが出たという発表があったらしい。「危なくないように細い枝に登るのはだめだけどどんどん木登りしていいって先生おっしゃったよ」ととにかくうれしそう。よかったよかった。わたしは高いところちょっと苦手なのだが幼い日親戚のお兄さんが柿の木に縄でハンモックのようなものを編んでくれてそこに乗せてもらった記憶があってその時のことがとても印象深い。世界が変わって見えたっけ。おおげさみたいだけど。

でもノンの世界を分かってくださる先生で本当によかったと思う。
「放課後木登りしていたら木登りしちゃいけないんだようって言う子がいたからしてもいいって先生おっしゃったようって木の上から言ったの。気分良かったよ。」としごくご満悦であった。いいこともあるものだ。ホクホク
[PR]
by mokomokoruka | 2005-04-28 20:35 | 子育て
<< どうしてだろう。 桜 >>