ミシンキルト講習会が終わりました。

やっと終わりました。本当に皆さんの善意に支えられて楽しい会になりました。10人集まってみんなで楽しく作れました。いい会だったと思います。そしてとても素敵な作品が出来上がりました。10個並んだ靴下はとてもかわいかったです。

 さて今日の会が終わって思うことがあります。私のように不器用な人間が人に教えるということ。考えようによってはとてもおこがましい恥ずかしいことなのかもしれません。実際できあがったものは皆さんの作られるものははるかに素晴らしいのものなのですもの。でもそれでもわたしはみなさんにこの楽しさを伝えたいと心から思うのです。

私の名前の由来、若い時聞いたときから私の根底にその言葉があって私を支えています。
『よきことを伝える者の足は山の上にありて麗しきかな』イザヤ書

「足は泥だらけになるのだよ。泥だらけになってよきことを伝えなさい。そうすればその足は麗しいのだよ。」
父はまだ十代の私にそう伝えました。よきことをする人になれとは言いませんでした。泥だらけになってよきことがあるということを人に伝えなさいと言いました。そうすることが麗しいことなんだと。

 私の夢かなうかなあ。決して偉い先生になりたいんじゃない。泥だらけのメッセンジャーになりたい。作品が出来上がったときのみんなの満足そうな顔、そして作品を見ることの楽しさ。わたしはほんとうに今日うれしかった。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-12-15 21:37
<< 私に普通なこと。。。 きれいと魅惑 >>