カテゴリ:手作り雑感( 11 )

次のステージ

c0030505_21163419.jpg
ようやくキルティングが終わった。

以前友達とちょうど今頃の季節に散歩した時、近くの山を見て、
「いったいあの山にある葉っぱはどれくらいの数になるんだろう」
と話したことがあった。n

今回の作品は雨に濡れる森がテーマだからキルティングは葉っぱの形にした。
230✖️175㎝のスペースいっぱいにキルトしたのだから結構な数になっているはず。
なにしろ工業用のミシン糸を使い切ってなお足りなかったのだから ^_^

この作品に取り掛かる前はもう今の体力では大きな作品にキルトを入れるのは無理なのではないかと心配だった。フリーモーションのキルトはミシンの送り歯を下げて
ひたすら自分の手で布を動かすのだから。
でもやり始めたらまだ問題なくできた。相変わらず下手ではあるが。

今回は糸の表現にもこだわりたかったのでちょっと実験的なことにもチャレンジしてみた。

これでベースはできたので明日からはアレンジに入る。これがまた楽しくもあり悩ましくもあり…
今晩はまたブツブツ呟きながら眠ることになりそうだ。
[PR]
by mokomokoruka | 2015-06-11 20:17 | 手作り雑感

なんとか予定をクリア

かなり頑張ったと思う。
4月20日急に思いついて作り始めた今回の作品。5月中にトップを縫い上げたいと思って朝から晩まで縫っていた。文字通り朝から晩まで(笑)

ようやく今日、トップを縫い上げた\(^o^)/

明日は家族で美術館のはしごをしてその後、バラ祭りに行くつもり。当初は私はお留守番で縫っているつもりだったけれど、やっぱり行きたいなって思って頑張った。まさに人参をぶら下げられた馬のごとくに(笑)

c0030505_2025598.jpg

[PR]
by mokomokoruka | 2015-05-29 20:27 | 手作り雑感

思ったより早く3段階へ進めそう(*^^*)

c0030505_13394267.jpg
予定では月曜日辺りまでかかるかなと覚悟していたのだが(土日はコーラスの発表会でつぶれるので)かなりのハイペースで縫ったら思いの外早く進んだ。超うれしい(笑)

この手法は小さいパーツを組み合わせてだんだん大きくしていくやり方なのだけれど1~2段階はとにかく色を作る作業なので先が何も見えない。3段階目でようやく少し全体のデザインを意識して構成することができるわけでそのための手持ちの札をひたすら用意してきたわけだ。きっと明るい色が足りなくなるだろうからそれを足す仕事はあるだろう。

この1~2段階で作ってきたものが3段階で勝手に動き出してくれるのでちょっとおもしろくなっていく。楽しみだ。
でもそれでやっと半分。そこから独自のデザインの色付けを終えてようやくキルトトップができあがって、それにキルティングを施し、最後の仕上げをして完成となるわけで先はまだまだ遠い。

今回の作品はかなり大きいので構成するスペースをどうしようか悩んでいる。キルティングも半端なさそう(/_;)

地道にコツコツがんばるぞ。
[PR]
by mokomokoruka | 2015-05-14 13:09 | 手作り雑感

イメージとしてはもう少し明るい色を増やしたい

どんなものだろうか、もう少し明るい色を増やしたいと思うけれど全体像がまだ見えてこない。
新に明るい色のパーツを増やすべきか。。。いい加減パーツ作りからは脱却したいのだけれど。
とにかくもう少し繋いでみないとわからないのだが。

それとキラキラ布がほしいなあ。このあたりにはドレス素材は売ってないからネットで手に入れるしかない。実物が見れないのがなんとも心配。
せめて新潟まで行けば置いてあるお店があるのだけれど今はその時間がおしい。一人では行けない場所(電車では無理)なのでバッポンを拝み倒して連れて行ってもらわないとならないし。。。

今は手持ちの布でやってみようと思う。それに第一キラキラ布を使うまでにはもう少し土台をしっかり作り上げないとならないわけだから。

明日も頑張ろう。
[PR]
by mokomokoruka | 2015-05-11 17:09 | 手作り雑感

地道にコツコツ

連日、一日中縫っているのだけれど、今日は来週の日曜日に行われるコーラスの発表会のための練習で日中出掛けたせいであまり集中できなかった。それにバッポン母のためにプレゼントを買ったり頼まれた買い物を届ける日でもあったので午後はほとんど潰れた。やっぱり落ち着いて家にいないと調子が出ない。

結局200パーツでは足りないようなのであれから110パーツほどさらに縫った。ということは1000枚近く縫ったということか。。。今それを繋ぎ合わせているのだけれど本当に遅々として進まない(/_;)

緑を縫っているせいかまるで山登りをしているような気分。朝ドラではないけれど地道にコツコツと縫ってはアイロンを掛け、カッターで切り、さらにまた縫ってということの繰り返し。どこまで続くんだろう。

明日からまた地道にコツコツと頑張らねば。時間を掛けなければ絶対できないのだからね。
[PR]
by mokomokoruka | 2015-05-10 21:37 | 手作り雑感

ゴールは遠い

昨日今日と遊んでしまってようやく午後から縫いに復帰
一昨日、構成してみて単純に比率で概算すると200枚ではとても足りないことが判明(/_;) あと100枚くらい縫わないと自由に構成できない。ゴールはまた遠のいた。

 それでも作っていると「感謝」という言葉が自然と出て来る。それは縫う度に思い掛けない色のハーモニーが生まれてその出会いに作りながら感動してしまうのだ。自分で作っていておかしなことだけれど。こんな世界に出会えたことに感謝感謝。根気があるとかそういうことではなくて次にどんな出会いがあるのだろうと思うと思わず縫い続けてしまうのだ。とは言っても今日縫ったのはたった8枚 おまけに思いきり左手の人差指をカッターで切ってしまって仕事がやりにくい。曲線でカットするときにかなり力を入れて切っていたら左手にぶつかってしまったわけで(/_;)
[PR]
by mokomokoruka | 2015-05-04 19:54 | 手作り雑感

素材作りはパレットに色を出している感じ

この数日、まさに春の大掃除を断行
納戸から始めて、物置部屋に使っていた部屋をいろいろ処分して何とか普通に使えるようにして、それからいよいよ私の作業部屋を片付けてという本当に気の遠くなる作業の連続で。。。今日は娘たちは2階の使っていなかった部屋を片付けていた。
母が亡くなって1年経ち、この家に寝泊りするようになって半年が経とうとしているけれどようやく少しずつ片づけ開始という感じ。

スペースのできた作業部屋で作品作りを開始。もう何年も持っている作品を再び作り始めた。今は作品に仕上げる前の素材作りの段階。それはまるでパレットの上に絵具を出して色を混色している状態なのでこれをいっぱい作っておかないと絵は描けないわけで、もくもくと縫っている。A4位の大きさの布を作るのも大変。これを素材にして切り刻んで絵を描いていくわけだ。

以前手芸をやっていた人になぜ布を切刻むのか分からないと言われたけれど一枚の布では表現できない色の混色が数枚の布を合わせることで意外な効果を生み出すからこのおもしろさはやめられない。ぼちぼちと縫いためて行こう。

明日はバッポン母の家のエアコン修理のために行かなくてはならないので片付けも作品作りも中断しなくてはならない。憂鬱である。
c0030505_23393879.jpg

[PR]
by mokomokoruka | 2015-04-09 23:40 | 手作り雑感

明日からはエプロンやさんになろうかな

先日まではルームシューズばかり作って小人の靴屋さんと呼ばれていたが、明日からはしばらくエプロンやさんになろうかな。というのは今ルカの毛抜けの時期で黒い服が着れなくて(/_;)エプロン不可欠なのです。
おまけにわたしの糸だらけということが重なって大変なのだ。だから丈が長くて服をカバーするエプロンが必要なのだ。でも・・・作品作りもしたいなあ。
[PR]
by mokomokoruka | 2015-03-26 20:41 | 手作り雑感

バッグづくり

姉の誕生日プレゼントにバッグを作っている。
久しぶりに作るバッグづくりはおもしろい。このところルームシューズづくりにはまっていたのだけれど共通するおもしろさ。プラモデルを作るような作業。こういう風に作るといいんだなという発見があっていくつも作りたくなる。

今回はちょっとシックな色合いにしたのだけれど姉は気に入ってくれるだろうか。
ようやく表ができたので明日は裏を作ってしまいたいけれど、外出予定があるから無理かな。
[PR]
by mokomokoruka | 2015-03-22 17:47 | 手作り雑感

こういうこともある

9月30日締め切りの東京国際キルトフェスティバル、6月頃より準備してきたが、やはり今年は断念しよう。
 先日陶芸(手芸サークルでお世話になっている)の先生の所へ伺った時は先生から
「とにかく出しなさい」と忠告を受けたしビシちゃんにも頑張れ~と言われているけれど、そして何より私自身があきらめきれないものがあったのだが、でもこれからすべてを捨てて縫い縫いに没頭しても果たして間に合うか非常に微妙なところなのだ。来週は先日亡くなった叔父の納骨式もあるのでその前後やはり地元としてはいろいろ動かなくてはならない。
 そしてこの改築の後始末。。。先日慌てふためいて下ろした物を整理してそれぞれの所へ配置収納しなくてはならない。このままズルズルとしているとそれが今後尾を引きそうだし、ここできちんとやらないと。。。まだ2階は出来上がらないのだけどたぶんあと1週間くらいで完成すると思われるし。
 こんな一生に一度しかないと思われることにおわれる中気ぜわしく作っても自分で納得する所まで作品を練り上げていくのは無理ではないかと思う。
 焦らず付け焼刃でなく時間を掛けていうことが今までの私の作品には欠けていたように思う。だからここで踏みとどまることは、もしかしたら神様のご意志なのではないかと思ったりしている。結果としての撤退ではなくてこれからわたしがこのキルト作りというものに関わっていく生き方の(かなり大袈裟な言い方だけど)第一歩としてここに踏みとどまってじっくり縫うこと(今年は出さないということ)を神様は望んでいらっしゃる様な気がする。
 今年ドームで見ることのできた作品群は手塩に掛けじっくり作ることの素晴らしさを教えてくれた。一つの作品をダッシュで作ることが多いわたしにとって、これはとてもむつかしいことなのだけど、でも図らずもそういう道を選ばなくてはならない今の状況。否応なしの状況に追い込むことでそういう心を養う場に追い込んでいらっしゃるというか。。。
 振り返って見るとわたしはこういうふうにいつも神様から道を示されて来たような気がする。自分の思い通りにならないことが新しい展開に導き違う世界に連れて行ってくれる。
 壁があった方がボールはいろいろな方向に跳ね返っておもしろい。自分の意図するところばかりすんなり進むと自分の範疇を出られないから。イザヤ書にあるよなあ。

 「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なりわたしのみ道はあなたたちの道と異なると主は言われる。天が地を高く超えているようにわたしの道は、あなたたちの道をわたしの思いはあなたたちの思いを、高く超えている。雨も雪も、ひとたび天から降ればむなしく天に戻ることはない。それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ種蒔く人に種を与え食べる人に糧を与える。そのように、わたしの口から出るわたしの言葉もむなくしは、わたしのもとに戻らない。それはわたしの望むことを成し遂げわたしが与えた使命を必ず果たす。あなたたちは喜び祝いながら出て立ち平和のうちに導かれて行く。山と丘はあなたたちを迎え歓声をあげて喜び歌い野の木々も、手をたたく。茨に代わって糸杉がおどろに代わってミルトスが生える。これは、主に対する記念となり、しるしとなる。それはとこしえに消し去られることがない。」(イザヤ書55:8~13)

 この部分大好きなんだけど自分の思いをはるか超えたものにゆだねてわたしはただこつこつ喜びながら進んでいくうちに知らない世界へ導き出されるような気がする。もちろん全力で走るからこそ壁の存在を知るのだし跳ね返って思いがけない所へも行けるのだけど。そしてそうだからこそ、その道を受け入れることもできるのだけど。
 
 ここで立ち止まることこそ大きな一歩であるような気がする。そしてこの作品を投げるのではなくてずっと持ち続けること。。。一日一枚でもいいからピースを縫うこと。これをやらなかったらこの決断はただの逃避にしかならない。そう言えば春の刺繍コンクールの時も今年は踏みとどまったっけ。今年はそういう年なのかもしれない。そしてあの作品もやっぱり脈々とわたしの中であるしいつか地表に顔を出すことだろう。

 そう、それにこの一生に一度であろう楽しい『魔法の家』作り存分に楽しまなかったらもったいないし。苦しい片付け作業ではあるが気合を入れて頑張りましょう!と決めました。ヽ(^o^)丿
[PR]
by mokomokoruka | 2005-09-13 11:39 | 手作り雑感