<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

切り紙細工の思い出

 アリエスさんのブログを読んでいたら切り紙細工の思い出がよみがえった。

わたしには大好きな大好きな祖母がいた。母の体が弱かったので幼かった頃わたしは祖母の家にしょっちゅう預けれれていた。祖母はとても優しい人だった。着物を着て髪をお団子に結った、そうサザエさんのおふねさんのような姿の人だった。その祖母のことを思い出すと涙が出てくる。

 祖母がいろいろな家事をしているそばで私は終日おとなしく遊んでいたものだ。やはり体の弱かったわたしは走り回ることもあまりなく、絵を描いたりおままごとしたり。。。その中のお気に入りの遊びの一つに切り紙があった。紙を何回か畳んでそれから切り紙をして開いた時の驚きが大好きだった。思いもよらない世界が広がるその不思議さ。。。切る図案(?)もだんだん複雑になっていった。そしてそれを祖母の用意してくれた箱に大切に溜めていった。時々それを出して見るのも好きだった。紙は普通の折り紙もあれば祖母がくれる包装紙を切ったものもあったし、今では見ることもないが薄い質のあまりよくない折り紙のこともあった。ちょっとくすんだ色の折り紙。懐かしいな、あの感触。。。
 そんなある日祖母がお客様と話しているのが聞こえた。
「この子はほんとうに不器用なのだけどはさみだけは上手に使えるのですよ」その声は幾分誇らしげだった。わたしはうれしかった。大好きな祖母がうれしそうにしていることが。。。そしてそれが唯一の私の自信になった。まだ幼稚園にも行っていない頃のことだからずいぶん大昔のことなのだけど鮮明に覚えている。
 
  悪いことをすると祖母はわたしを押入れに入れた。押入れなんて今考えれば自分で開けていくらでも出られるのだけれどわたしは泣いて「ごめんなさい、出して頂戴」と言ったものだ。でもある時わたしは泣きながらその押入れの片隅に置いてあるきれいな包装紙の束を見つけた。なんだかドキドキした。祖母が時々出してくれる宝物のありかを見つけてしまったようで。。。
その後どうしたかは覚えていないのだけれど。。。

祖母の所に泊まることも時々あった。冬の寒い夜祖母の足の間に足を入れて暖めてもらったっけ。子守唄を歌ってくれる祖母が先に眠ってしまうとわたしは祖母をつっつく。そうすると祖母は慌てて続きを歌った。繰り返し繰り返し。
 お話はきまって「だんご、だんご」でも私はそれを飽きずに聞いていた。
祖母の部屋の押入れのそばの物入れには粗末な布が掛かっていたがその向こうには木で彫った熊の置物があってそのごつごつした感触が残っている。ビニールの紐を張った簡易夏枕があってそれをお琴に見立てて弾くまねをしたりした。祖母の家はわたしにとって安心できるそして時間が止まってしまったような世界として記憶に残っている。

 祖父は私の生まれるはるか前に亡くなっていたので祖母は叔父と二人、小さな社宅暮らしだった。でもその社宅の部屋こそわたしにとって今思い出しても心がぽっと温かくなるような場所なのだ。窓には木綿の白いカーテン(もう真っ白ではなく優しい色に色あせていたけれど)が掛かっていた。風にカーテンが膨らみそれを透かして陽の光がクリーム色に輝いていた。穏やかな穏やかな午後。。。音もなく。。。

 祖母はわたしが高校に入った年に亡くなってしまった。あの時後何十年したら天国で会えるのだろうと思ったものだ。早く会いたくてならなかった。あれからずいぶんの歳月が流れ祖母に会える日までのマラソンコースは折り返し地点を過ぎたかもしれない。でも今子供を持ってなるべくその日の遠いことを願っている。わたしは子供を生んだのが遅いからなるべく長生きをしてあげないとかわいそうかななんて思う。
 下の娘が切り紙が大好き。時々やっては大切に箱に溜めている。あの頃のわたしのように。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-03-25 10:08 | 雑感

ひやっとしたこと。。。

バッポンさんとルカとわたしが散歩に行こうとしたらノンが後ろから自転車で追いかけて来るのが見えた。彼女は自転車があまりうまくないので道路で乗るのは心配で最近ようやく許したところだ。
 その時わたしが立っていた場所はちょっとした坂の上だったのでノンが走って来る道路に接する路地が見えた。そこを自転車がやって来る。このまま行くとノンの自転車が交差点に行くのとその自転車が行くのが同じくらい。ノンに大声で「気をつけて!」と叫んだけど間に合わない。
おまけのその女の人が止まらないで路地から飛び出して曲がったからまさに正面衝突。ノンは自転車ごと転んでしまった。幸い足をほんのちょっと擦りむいたくらいだったけれど。あの時もしぶつかって来たのが自転車でなかったらと思うとぞっとする。ぶつかった人も必死に謝っておられた。あちらもびっくりされたことだろう。ノンは泣いてもいなかったし、たぶん「だいじょうぶ?」って訊かれていたのだろう。「ウンウン」という感じでうなずいていた。私もバッポンさんもすぐ駆け寄りたかったけれど、そうすると相手の方がますます気を遣われそうでちょっと躊躇してしまった。遠目で相手の方になんの被害もなさそうだし、ノンもだいじょうぶそうなのでそのまま様子を見ていた。その方が走って行った後ノンのそばに行くとショックだったらしく一瞬しょんぼりしていたけれどすぐに元気になって私たちに付いて来た。
 でも自分が普通に走っていても事故に遭うことはあるのだということ、角ではかならず一時停止をしないといけないこと、そして転んだところに車が走ってくればそれも事故に繋がるし、ノンも身を持ってよい勉強をしたと思う。ちょっと痛い勉強だったけれど。

今回は丁度この場面を目撃したわけだけど、私の知らないところでこういう危険はいっぱい起こっているのだろうな。特にノンのような無鉄砲な子供は。怖いなあ。でも家の中に閉じ込めておくわけにも行かないし無事でいる事を祈るばかりだ。ああ心配。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-03-22 08:04 | 子育て

すてきなあなたに

 昨日本屋さんで見つけた。「暮らしの手帳」という雑誌の「すてきなあなたに」というコラムを単行本にまとめれたもの中からさらにお料理の記事だけをまとめた雑誌が出たようだ。今回のが春夏、9月に秋冬が出るということだ。わたしは単行本の1と2を持っているのだけれど、4まで出ているらしい。これもいずれは購入しようと思うけれどとりあえずこの雑誌を買ってきた。やっぱりいいなあ。昔大好きで思い出したように繰り返し読んでいたのだけれど。

 でもおもしろい。この雑誌はさしずめ『暮らしの手帳』の孫雑誌ということになるのかしら。それだけ人気のコーナーなのだろう。
 
 私が大好きなメルマガにTea Rose Cafe のいうのがあるのだけれどわたしの中でこのメルマガが大好きな部分とこの「すてきなあなたに」が大好きという部分は重なっているのです。

 どちらも一度に読むのはおしいから毎日少しずつ味わって読んでいます。まるですごくおいしいお菓子を少しずつ食べるように。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-03-18 23:15 |

きれいな風景

今日ルカとバッポンさんと川へ散歩に行った。
何年かぶりにネコヤナギを見た。いつも見たいと思いながら季節を逸してしまうのだが。

そして青鷺と白鷺が空を舞っていた。尾長セキレイもカモメもいてああ春はそこまで来ているととてもうれしかった。川の水は雪解けで水量が豊富だった。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-03-15 22:04 | 散歩

ルカ

よく訪れるペットの掲示板に胸の締め付けれれるような書き込みがあった。
獣医さんに「心臓が肥大しているから今年の夏は無事越せないかもしれない」
と言われたということだった。

ああ、つらいことだ。必ず別れは来る。ルカの成長時間がわたしよりずっとゆっくりだったらよいのに。

今日はお友達の車で出掛けた。いつものようにキャリーに入れて連れて行ったが、道中うんともすんとも言わない。この子はお出かけの時は100点満点を上げてもいいくらいいつもいい子だ。家にいる時とは大違い。今はすやすや眠っている。

いつか別れがくるなら一緒にいる間いっぱい楽しいことがあるといい。散歩の時のルカのうれしそうな姿を見ると多少疲れていても寒くても散歩して良かったと心から思う。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-03-14 20:50 | ペット

春というのに

なんでこんな天気なのでしょう。3月半ばのこの天気は堪えます。2月までは覚悟しているからいいのだけれど3月ともなればもう心は春に向かってまっしぐらなのに。。。

今朝気象カレンダーを見ていたら面白い記事がありました。鶯について

鶯は秋か冬の間は里で暮らすのだそうです。藪の中とかで。そして春になると山に帰って繁殖期に入るのだけれど、その時あの美しい鳴き声を聞かせてくれるのだそうです。ということはあれは「こんにちは」ではなくて「さようなら」だったのかしら。これからお山に帰りますって。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-03-13 08:38 | 雑感

鯛の砂糖菓子

ユリウスさんのブログを読んで思い出しがことがある。
それは「鯛の砂糖菓子」のことだ。このお菓子の事を思うとなんだか胸のどこかがキュンと甘く締め付けられる。それは幼い日の甘い思い出。
 
鯛の砂糖菓子ユリウスさんがおっしゃっているお菓子とは違うと思うのだけれど、よく婚礼の引き出物に付いてきた砂糖を固めた硬いお菓子。このお菓子この頃あまり見かけなくなったが昔はよくあった。父が婚礼に招かれてこれを持ってくるとわたしはうれしかった。特に甘いものが好きという子供ではなかったので食べるのが嬉しかったのではない。何が嬉しいってそれを割るその「行事」が嬉しかったのだ。母は包装紙を敷きその上にそれをおもむろに置いてものさしでパンと割るのだ。それは必ずものさしだった。今もあると思うけれど50センチの竹のものさし。
その小気味いい音といつもの母とは違う楽しそうな様子が大好きだった。そして粉々になった一片を口に入れた時の甘い味がなつかしい。

 そしてどうしてか、この思い出はわたしが8歳まで暮らした、たった一間の間借暮らしの生活のあの部屋での光景なのだ。
 父は結婚と同時に歯科医院を開いた。それは普通の民家の一部で診療室のほかに待合室、小さな技巧室、玄関、ほんの小さな台所、そして私たちの暮らす窓のない一間しかなく、お風呂もトイレもなかった。トイレは大家さんのトイレまで長い廊下を通って行った。とても暗く怖いトイレだった。お風呂は親戚の家にもらいに行った。だからとても不便な生活だったはずなのだがわたしにはそこでの生活がとても懐かしい。ちょうど3年生の時に引っ越したから母とべったり暮らした幼児期の期間と重なっているせいなのかもしれないが。
 編物の得意だった母のそばで電車ごっこのように指でトンネルを作ってその中を毛糸がするする動くのがおもしろかったっけ。
治療室の窓の外には庭があった。おもしろいことにこの庭の土地は(結構広くて後ろは畑があったりした)父が買い取ったものらしい。ということは若い父にはそこに建物を建てる経済的な余力がなかったのだろう。この庭でおままごろをしたりしてよく遊んだ。初夏になるとグミの赤い実を味噌漉しにいっぱい採ってきたっけ。
窓のない部屋だったので休日はよく外に出た。ちょっと行くと川があってとても気持ちのよい場所だったからよく家族で歌を歌いながら散歩した。
 だからそれから現在父母の暮らしている家に越してきた時、正直うれしいのになんだか心のどこかでさみしかったものだ。父はそれまで以上に忙しかったし、母も広い家の中でいろいろ家事が増えたのだろう。いつも同じ部屋にいる事は少なくなった。休日も以前より散歩に出かけなくなった。
 
 話が逸れてしまったが、多分例の「鯛のお菓子」は現在の家に来てもあったはずなのだが私の中の記憶では「鯛の砂糖菓子」=小さな部屋=母との甘い思い出、に繋がるのだ。おかしいけれど。。。
[PR]
by mokomokoruka | 2005-03-06 09:53 | 雑感